お手軽&簡単!リフトアップ美容液のおすすめ手作りレシピ2選

 

肌や毛穴のたるみに効果的と話題の「リフトアップ美容液」。

 

美意識の高いオトナ女子を中心に人気のアイテムですが、「ちょっと高額」「毎日使い続けるには高すぎる」といった声も聞かれます。

 

それならリフトアップ美容液を手作りすれば良いんじゃない?と思った人に、今回はリフトアップ美容液を手作りする安全な方法や、簡単レシピ、押さえておくべきポイントなどを一挙に公開!

 

ブックマーク必須の超お役立ち情報をどうぞ!

 

 

リフトアップ美容液の価格相場と手作りしたときの価格を比較!

 

リフトアップ美容液といえば、価格の高い高級コスメというイメージがありますよね。
そこで、人気のリフトアップ美容液の価格と、手作りした場合の材料費を比較してみました。

 

リフトアップ美容液の相場

まずは、人気のあるリフトアップ美容液の価格相場を見てみましょう。
大切なのはコスパです。少々価格が高くても容量がそれなりにあるもの、一見リーズナブルでもほんの少量しか入っていないものがあるので、購入前にしっかりチェックして下さい。

 

  • ビーグレン Qu Someリフト…7,000円/60g
  • オバジ アクティブベース PQエッセンス…5,000円/50g
  • コーセー ONE BY KOSE 薬用美容液…5,400円/60ml
  • 資生堂 リフトナイトクリームW…5,000円/40g

5,000円~10,000円の間で、内容量が50g(ml)前後というのが多いようですね。

 

しかし、数あるリフトアップ美容液の中には、もっと高級なものもあります。

 

  • アンプルール ラグジュアリー・デ・エイジリジュリューションV…11,800円/32ml
  • POLA B.A セラム プリズルミナ…21,600円/40ml

この価格帯になると、欲しいと思ってもちょっと迷ってしまいますね。

 

リフトアップ美容液が比較的高額なのは、保湿に優れた普通の美容液と違い、さらにお肌の引き締めに有効な成分が含まれているからです。

 

また、メーカー独自で開発された技術で成分の浸透力が高まるなど、製造にも工夫がこらされているので、一見「高い!」と思ってしまいがちですが、それなりの効果が期待できるということです。

 

手作りリフトアップ美容液の材料費

 

では、リフトアップ美容液を手作りするとなると、材料を揃えるのにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

 

まず、手作りコスメの基本材料は精製水・キサンタンガム・グリセリンなどです。
そこに、引き締め効果のあるDMAE原末やビタミンC、レチノール、エラスチンなどお好みのものを混ぜることで、自分だけのリフトアップ美容液が完成するという訳ですね。

 

エッセンシャルオイルや、お手軽に美容液を作りたい時に使えるベースのジェルなどもあるので、自分にぴったりの材料とレシピを探しましょう。
その他、保存容器や消毒用の無水エタノールなども忘れてはいけません。

 

以下は、手作りリフトアップ美容液の材料の一例です。
おおよその価格なので、参考にして下さいね。

  • 精製水…500~600円/500ml
  • キサンタンガム…1,000円/50g
  • グリセリン…1,000円/500ml
  • DMAE原末…500~600円/10g
  • ビタミンC誘導体…1,000円/10g

 

手作りコスメのメリットは、材料を揃えれば複数回分の量を作れるということです。
なので、出来上がったリフトアップ美容液を買い続けることに比べると、かなり安く抑えることが出来ます。

 

手作りリフトアップ美容液に欠かせない素材

 

基本の美容液ベースの他に、リフトアップを目的とした成分には何があるでしょうか?
自分の肌のお悩みに合わせて、いろいろ調節できるのも手作りリフトアップ美容液の良いところですね。

 

ビタミンC誘導体

ビタミンC自体は、コラーゲンの生成を促したり肌のターンオーバーの正常化に役立ちます。
しかし成分自体が非常にもろいため、皮膚内に浸透して初めてビタミンCに変化する「誘導体」がコスメには向いています。

 

肌のたるみは、紫外線によるコラーゲンの減少や、加齢や不規則な生活習慣、ホルモンバランスの変化からくる肌のターンオーバーの乱れが原因とされることが多いので、ビタミンC誘導体配合の美容液で、肌の奥から若返らせてあげることが大事です。

 

DMAE原末

肌がたるむ原因として、皮膚の老化以外に「表情筋の衰え」が挙げられます。
若い頃のようにお喋りや大笑いすることが少なくなってきたり、土台の筋肉自体が弱ってしまうことで、特に口の周りやフェイスラインがたるんでしまうのです。

 

DMAE(ジメチルアミノエタノール)は、筋肉の収縮に効果があるとされる物質です。
アメリカの皮膚科医による実験で引き締め効果が立証され、その内容が米ヴォーグ誌に掲載されるなど、たるみ改善の成分として注目を浴びています。

 

エッセンシャルオイル

肌の保湿に必要なのは浸透力のある水分ですが、油分も大切です。
化粧水で水分を補給した後に、油分で蓋をするイメージですね。

 

エッセンシャルオイルを配合することで保湿効果が上がり、また気分もリラックス。
毎日のケアが楽しくなってきますよね。

 

手作りのリフトアップ美容液ならオイルの種類も選べるので、好きなエッセンシャルオイルをいくつか揃え、作る度に香りを変えることもできます。
手作りコスメのメリットの1つですね。

 

リフトアップ美容液の手作りレシピ2選

 

ではいよいよ、リフトアップ美容液の手作りレシピを紹介します。

 

基本となる美容液2パターンのレシピを覚えれば、後はアレンジ可能!
自分だけの手作りリフトアップ美容液で、お肌のたるみを改善しちゃいましょう!

 

リフトアップ美容液レシピ・1

まずは、ベースとなる美容液に必要な成分を混ぜただけの、もっともシンプルなリフトアップ美容液です。

 

材料は以下の4つ。

  • 精製水…100ml
  • キサンタンガム…1.25ml
  • グリセリン…5ml
  • ビタミンC誘導体…0.5~1g
  • エッセンシャルオイル…1~2滴

配合量に関しては、お好みで調節してみましょう。
乾燥肌の人はグリセリンを多めに、ベタつきが苦手な人は精製水を多めにしてサラッとしたテクスチャに仕上げるなど、自分の肌にぴったりの美容液を作って下さいね。

 

作り方は簡単!

  1. 精製水1/3とキサンタンガムをしっかり混ぜる
  2. 残りの精製水を加えて混ぜる
  3. ビタミンC誘導体を加えて混ぜる
  4. グリセリンを加えて混ぜる
  5. 保存容器に入れエッセンシャルオイルを加える

ビタミンC誘導体だけではなく、自分の欲しい成分(ヒアルロン酸やエラスチンなど)を加えることももちろん可能です。

 

リフトアップ美容液レシピ・2

乳化ワックスとオイルを使った、クリームタイプのリフトアップ美容液を作ってみましょう。
ここではDMAEを使い、フェイスラインのたるみ改善に効果が期待できるリフトアップ美容液のレシピを紹介します。

 

材料は4つ。

  • アルガンオイルやキャリアオイル…7~8ml
  • 乳化ワックス…2g
  • 精製水…15ml
  • DMAE原末…0.3g

クリームタイプのふわっとした美容液を作るには、オイルと乳化剤と精製水を上手に混ぜ合わせることが必要です。
慣れれば簡単に作れますので、基本の手順を覚えてしまいましょう。

 

  1. オイルと乳化ワックスを約80℃に温める
  2. 精製水を約80℃に温める
  3. 2に少しずつ1を加えてしっかり混ぜ合わせる
  4. DMAE原末を加え、しっかり混ぜ合わせる
  5. 粗熱がとれたら保存容器に入れる

耐熱容器を使い、電子レンジで温めると簡単にできます。
ハンドミキサーを使って、しっかり混ぜ合わせるのがコツですよ。

 

リフトアップ美容液を手作りする時の注意点

 

保存料や着色料などの添加物を入れない安全な手作りリフトアップ美容液ですが、その反面、気を付けなければならないこともあります。
作る時や使用前の注意事項をまとめました。

 

清潔な手と容器が基本

リフトアップ美容液を手作りする時は、必ず手を綺麗に洗い、消毒してから作業しましょう。
ドラッグストアなどで売っている薄手のビニール手袋を使うのも良いですね。

 

ほこりが入らないような服を着たりエプロンをしたり、長い髪は後ろでまとめるなどの準備も忘れずにしましょう。

 

保存用の容器はもちろん、材料を測る時に使う計量カップや計量スプーン、混ぜ合わせる時に使う容器、泡立て器なども事前に消毒します。
煮沸でも良いですが、時間がかかってしまうので、無水エタノールなどがあると便利ですよ。

 

ちなみに容器は、プラスティック製ではなくガラス製を使います。

 

使用前に必ずパッチテストをする

作り終わったら、まずパッチテストをしましょう。

 

肘の内側などに少量塗布し、しばらく放置します。
半日~1日経っても変化がなければ、顔に使っても大丈夫。

 

もし赤くなったり痒みが出たら、使用してはいけません。
敏感肌さんはもちろん、普通肌の人もパッチテストは忘れずに行って下さい。

 

手作りリフトアップ美容液の取り扱い方法

 

販売されているリフトアップ美容液と同じように使っていると、中身が腐敗して肌トラブルを招く恐れがあるので要注意です!

 

保存方法

手作りのリフトアップ美容液は、他のコスメと一緒にドレッサーに並べておいてはいけません。
保存料・防腐剤を使用していないので、常温で置いておくのはご法度です。

 

作ったらすぐに密封容器に入れ、すみやかに冷蔵庫にしまいましょう。
使用する時も、冷蔵庫から出して使ったらすぐに冷蔵庫にしまうのが基本ですよ。

 

指先や爪の間には、目に見えない細菌が付着していることもおおいに有り得ます。
使い捨てのヘラや綿棒を使って適量を取り、保存分を直接指で触れないように気を付けて下さい。

 

保存期限

まず、手作りコスメは大量に作らないようにしましょう。
一番良いのは、2~3日分をこまめに作ることです。
それが無理でも、長くて1週間以内に使い切れる量に留めて下さい。

 

販売されているリフトアップ美容液は、例えば酸素が入らない特殊な容器や遮光性の容器に入っていたり、常温でも変化しないよう保存剤なども工夫されています。

 

その点では、素人が家庭にある道具で作れるリフトアップ美容液は、やはり劣ってしまいますよね。
例え腐敗しなかったとしても効果が薄れてしまうこともあるので、少量を作って早めに使い切ることを意識しましょう。

 

異常を感じたらすぐに使用中止・破棄

清潔な状態でリフトアップ美容液を作り、パッチテストを無事にクリアし、さらに保存期限内で使っている場合でも、色が変化したり異臭を感じたり肌に異常が見られた場合は、すぐに使用を中止して下さい。

 

防腐剤を使用しない手作りリフトアップ美容液は、気付かないうちに細菌が入り込んで増殖してしまうことも考えられます。
肌にトラブルが見られた場合はまず様子を見て、改善されないようであれば皮膚科を受診しましょう。

 

まとめ

肌のたるみが気になっている人の必須アイテムであるリフトアップ美容液ですが、価格が高いことは否めません。

 

高額なリフトアップ美容液を買うことに二の足を踏んでいる人は、まず手作りリフトアップ美容液を試してみるのも良いでしょう。
たるみ改善に効果的な成分を配合したコスメで、成果を見てみて下さい。

 

ただし、手作りのリフトアップ美容液はすべてが自己責任。
レシピ通りに作っても、自分の肌に合うか合わないか、またトラブルなく継続できるかどうかは分かりません。

 

手作りリフトアップ美容液で効果を感じられた人は、さらなるリフトアップ効果を得るべく、通販などで人気の優秀リフトアップ美容液にチャレンジしてみるのもおすすめです!

関連ページ

リフトアップ美容液でフェイスラインが劇的に変化?小顔効果を検証!
リフトアップ美容液でフェイスラインをすっきりさせたり、しゅっとした小顔になれたら、こんなに嬉しいことはありませんよね。そこで、リフトアップ美容液の小顔効果をしっかり調べてみました!シャープなフェイスラインに憧れる女性の皆さん、必見です。
【新常識】30代のスキンケアはリフトアップ美容液がマスト!
たるみに悩む30代女性のためにママさん女医が解消法を解説!さらにリフトアップ美容液を厳選してご紹介します。
整形手術のリフトアップよりも美容液の方が失敗なく効果あり!?
見た目年齢に大きく影響する「顔のたるみ」。整形で解消できるのか、それとも美容液の方が失敗もなく効果があるのか、両者を比較しながら考えてみたいと思います。
ほうれい線がリフトアップ美容液で消えるってマジ?効果を検証!
できてしまったほうれい線をどうすれば改善することができるのか、おすすめリフトアップ美容液もあわせてたっぷりお届けします!
リフトアップ美容液と頭皮マッサージでたるみが改善できる!?
顔のたるみは頭皮をマッサージすることでも改善できることをご存知ですか?ここでは人気のリフトアップ美容液3選とたるみ改善に効果的な頭皮ケアについてご紹介します。
敏感肌に合うリフトアップ美容液はある?厳選アイテムを一挙公開!
敏感肌の方がリフトアップ美容液を使う時の注意点とおすすめのリフトアップ美容液につて解説します。
リフトアップ美容液で小顔を叶える!?おすすめ商品&おすすめエクササイズ
小顔が、普段のスキンケアで叶えられるとしたらそんなに嬉しいことはありませんよね。ここでは、そんな願いが叶うかもしれない「リフトアップ美容液」を特集します。
リフトアップ美容液で目尻のタレを解消しよう!おすすめアイテムも紹介☆
目尻のタレの原因を正しく知り、正しく改善できるように現役エステティシャンが解説!合わせて目尻のタレを解消出来るリフトアップ美容液もご紹介!
瞼のたるみはリフトアップ美容液で対策!目元すっきりを叶える威力とは
瞼がたるんでしまう原因をしっかり理解した上で、瞼のたるみに効果的なリフトアップ美容液をご紹介します。効果的なケアをして、瞼のたるみと無縁の生活を送りましょう!
頬のたるみにリフトアップ美容液は効果ある?驚きの力を解明!
現役エステティシャンがあなたの頬のたるみを改善できるかも。ここでは、頬のたるみの原因を追究しながら、リフトアップ美容液の驚きの力までも解明します。
プロが教えるDMAE化粧品(美容液)|リフトアップ効果、副作用、おすすめ商品
現役エステティシャンがDMAE化粧品(美容液)の効果、副作用、危険性、手作りについて解説します。又、プロおすすめのDMAE化粧品もご紹介します。
40代50代のためのリフトアップ美容液講座!おすすめ3選
40代50代のたるみにおススメなのが、リフトアップ美容液です。ここでは、たるみの原因を追究しながら、リフトアップ美容液について検証していきましょう。
リフトアップ美容液は効果なし!?意外なデメリットをプロが本気検証!
リフトアップ美容液の口コミを本当に信用していいのか?そもそもリフトアップ美容液に効果はあるのでしょうか?購入してから後悔しないように、ここでリフトアップ美容液のデメリットもしっかりとチェックしておきましょう。
リフトアップ美容液はまだ買うな!悪い口コミ~良い口コミまで徹底調査!
リフトアップ美容液に効果はあるのかないのか、実際に使った人の口コミをたっぷり集めてみました!リフトアップ美容液が気になっている人、必読ですよ♪
プロが解説!顔のたるみにはリフトアップ美容液がおすすめ!目指そう-5歳肌☆
現役のエステティシャンが顔のたるみ解消&リフトアップ方法を徹底解説!顔のたるみ解消で1番のおススメはリフトアップ美容液。各々のリフトアップケアのメリット・デメリットを見ていきながら、リフトアップ美容液がなぜおススメなのかを解説します!
【厳選】即効性が期待できるリフトアップ美容液TOP5&即効性のある成分
今すぐリフトアップしたい!と即効性を求める方のために、即効性のあるリフトアップ美容液を厳選して5商品ご紹介します!またこれだけは知っておきたいという即効性のあるリフトアップ美容液の成分について解説します。
目元のたるみを解消したいならリフトアップ美容液がマスト!
目元のたるみの原因と、最も即効性のあるたるみ改善の方法をご紹介します。目元のたるみにはアイクリーム?リフトアップ美容液?どちらがいいのかハッキリさせます!
20代の肌にこそリフトアップ美容液が必要?常識を覆す驚きの理由とは
今、美容業界では、20代からのリフトアップ美容液の使用を推奨しています。現代社会においては、もはや加齢だけではない肌のたるみの原因。20代からエイジングケアを始めなければならなくなった常識を覆す驚きの理由とは?
メンズに人気のリフトアップ美容液おすすめ3選&たるみ改善法
メンズのたるみの原因からたるみに効くリフトアップ美容液の紹介まで、顔のたるみに悩む男性を徹底的にサポートします!

このページの先頭へ戻る